軟弱地盤や地震による液状化・地盤沈下を防ぎ、環境汚染問題・資産目減り問題を解決。住宅地盤を地盤調査で地盤サポート

英重機工業株式会社

群馬県太田市の英重機工業です。地盤改良はお任せください。

メールでのお問い合わせ
お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせは
0276-33-9155
平日9時〜18時迄、土日祝はお休み

ハイスピード工法

ハイスピード工法とは?

地盤改良工法『HySPEED』とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。

自然砕石のみを活用した住宅地盤改良の新工法

従来のセメント系柱状改良、鋼管杭による地盤改良では、結果として地中に産業廃棄物を埋め込むことになります。セメントの強アルカリ又六価クロムによる土壌への影響は深刻な土壌汚染の問題になりかねません。HySPEED工法は砕石と空気しか使いません。

砕石はリサイクル砕石ではなく、自然石から作られる砕石を使用しています。100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。

代表的な特徴

  1. 土壌汚染・地下水汚染ゼロ
  2. CO2削減量大(他工法比較による)
  3. 地価下落なし(将来の撤去不要)
  4. 液状化防止効果
  5. リユース・リサイクル

バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法を宅地用に改良した工法です。掘削技術と施工機器の研究によりローコスト化を実現しました。

ハイスピード工法(HySPEED工法)の設計既定

基礎形状

  • ベタ基礎が最適
  • 布、独立基礎も可能

保証対象物件

  • 木造、RC、S造(~3階)
  • 設計荷重 ≦ 50kN/m2

設計条件

  1. パイル下端は自沈層を避ける
  2. パイル下端層の換算N値 3.5~4、層厚=1.5m
  3. 最大杭長 7.3m
  4. 最小杭間隔 75cm
  5. 平板載荷試験による確認を行っています

ハイスピード工法(HySPEED工法)の適用地盤

競合工法

セメント柱状改良で設計可能なところはHySPEED工法でも設計可能。※ 鋼管杭との比較でコストメリット大

適用不可地盤

換算N値0~2が8m以上続く軟弱地盤

最適地盤

粘性土・砂質土で中間層に換算N値3.5~4.0の層があるもの(先端支持力が必要)

最適深さ

杭長3メートル前後がコストパフォーマンスは最も高いです

最適な使い方

支持層が深く中間層に上記の層が有る場合

ハイスピード工法(HySPEED工法)特許・認定等

特許出願中

平成19年2月19日出願

地盤保証会社認定取得

ジャパンホームシールド(株)、シールドエージェンシー(株)の認定を取得しています。

NETIS 新技術情報提供システム

新技術情報提供システム(NETIS)とは、「公共事業等における技術活用システム」によって蓄積された技術情報のデータベースで、直轄事業及び補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅したものです。
平成19年9月登録済み

チームマイナス6%に参加

砕石だけを使って締め固めるので、CO2の排出はほとんどありません。
HySPEED工法による地盤改良を推進することで、地球の温暖化防止に貢献しています。

PAGE TOP